ソファ人体

2019 / ナラ、ケンポナシ、ベニヤ、ヌメ革、ウレタンフォーム、綿、金物 / オイル仕上げ
人体を受け止める椅子やソファのクッションは、人体と同じように構成されています。 ベースの木材が骨、バネや硬いスポンジが筋肉、柔らかいスポンジと綿が脂肪、表面の布や革が皮膚など…
ソファ製造現場にある椅子張り資材のカタログには「皮下脂肪と同等の硬さ」「筋肉と同じ圧力分散」などの表記が見られます。
そこから、人は人体に触れることで癒やされていて、ソファは人体を目指しているのかもしれない、という仮定を思いつきました。
それで、まるで人体のようなソファを作り、「気心知れた人と一緒に眠るときに体の一部が触れていて落ち着くかんじ」や「頭のいかにも大事そうなかんじ」「内ももの柔らかさ」などの、人体の愛おしさを再現してみたくなりました。ソファの製造現場での実務経験から、実用に耐える現実的な品質(国内のそこそこ高級な家具メーカーと同等) に仕上げています。
より多くの人体の雰囲気をまとったソファは、より癒やす力があるソファになれているでしょうか?
オットマン"いざなうにく"が、放送作家の倉本美津留さんのアート販売サイト"これやん"に掲載されました

2019 / sofa "bodies" / ork, kenponashi, veneer, nume leather, urethane foam, cotton, fasterner, screw, oil
Chair's cushions that receive the human body are constructed in the same way as the human body. The base wood is bone, the springs and hard muscles, the soft sponge and cotton are fat, the surface cloth and leather are skin ...
The catalog of chair upholstery sometimes says "This spring has elasticity like human's subcutaneous fat".So I thought that the sofa is aimed at the human body, so I wanted to make sofa and stool like body.
Based on practical experience at the sofa manufacturing site, we have finished it to a realistic quality that can withstand practical use - equivalent to a moderately high-end furniture manufacturer in Japan.
Can a sofa with more human ambience be a more comfortable or more powerful sofa?
The ottoman published on the art sales site "Koreyan" by broadcast writer Mitsuru Kuramoto.

オットマン"いざなうにく"

スツール"にく1〜3"

SICF20 - スパイラル(東京・表参道)にて展示しました
Exhibited at SICF20, Spiral, Tokyo 奥から 1.5Pソファ"しりせなか"、1Pソファ"いとしのあたま"